ホーム>京おかきの歴史>そもそも「おかき」とは?
京おかきの歴史

そもそも「おかき」とは?

おかき

おかきの素材である餅はいにしえより、大小重ね、神仏にお供え物として用いられてきました。その餅を現代では鏡餅と呼びますが、平安時代には「餅鏡」(もちかがみ)と呼ばれていたと言います。
古来、鏡は呪術的な霊力を備えたものとされ、祭器や首長の権威をあらわす道具でした。また、餅は神聖な力がこもる食べ物と考えられており、この餅を神の宿 る鏡に形造ったのが餅鏡とされました。餅鏡は餅で造った鏡であって、神に供え、見て祝うものであったことが平安時代の記録に残されています。

 時代が進み、 鏡が世俗化されるにつれて、餅鏡はいつしか鏡餅へ変化したと考えられます。普通は1月11日に鏡開きを行います。鏡開きは、正月に供えた鏡餅を下げて食べ る行事で、鏡割り、お供え開きともいいます。鏡餅を刃物で切ることを忌み、 槌で叩いて割ったり、手で欠いたりして、割って食べました。鏡開きは平安時代からの習慣で、割った餅は雑煮や汁粉にして食べるほか、干し餅(欠餅)や氷餅 にして保存もされました。
この「干し餅」すなわち「欠餅」を焙れば「おかき」です。これを食べることが今も続いているのです。「かきもち」を「おかき」と呼ばれるのは室町時代の宮中で女房ことばとして使われたのが始まりとされ、京ことばなのです。

(京都米菓協同組合設立50周年記念誌 参照)